通常期と繁忙期で引越しの相場は大きく変わる

	男性作業員

複数から見積もりを取る

引越しをする時に業者を利用するとなれば、まずは複数から見積もりを取り相場を知ってから判断するようにしましょう。業者によりサービな内容にも違いはあるので、希望を明確に指摘したプラン内容を選ぶことも大切です。

詳しく見る

電卓とお金

転居費用を安くする方法

引越し相場というのは一定の決まりがあり、その決まりを上手に活用することで転居で一番費用がかかる引越し料金を軽減することができます。転居というのは以後にも多くの費用が必要になるため、費用を抑えるために相場を知ることは大切です。

詳しく見る

トラック

料金を比較する方法

荷物の搬出入を引越し業者に頼む場合、少しでも安い業者に頼みたいものです。やはり複数の業者からそれぞれ見積もりを取り、比較検討すると相場が分かるのでおすすめです。もし時間に余裕がない場合は、一括見積もりサイトを活用すると良いです。

詳しく見る

男女

費用はどれくらいか

引越しはまとまったお金が必要になってきます。業者によっても費用が異なってくるので、事前に相場のチェックを行っておくとよいでしょう。そうすることによってスムーズに業者を決めることができるかもしれません。

詳しく見る

ダンボール

住居変更にかかるお金

引越しをする際には、まずは引越し業者への見積依頼から始めます。人数や場所など、様々なケースに応じて費用相場は変わりますので、必ず見積は行ってもらいましょう。一般的に、単身の場合は3万円程度が普通です。

詳しく見る

特徴を知ること

トラックの模型

通常期と繁忙期

引越しのときに気になるものとして、料金があります。時期によって相場が変わることはよく知られていて、一般的には通常期と繁忙期に分けられます。このうち通常期とは5月から12月の期間です。10月に関して言えば、人事異動が行われるケースもあるので若干高めとなります。この時期の引越しの特徴は、移動距離が比較的短いことが挙げられます。これは繁忙期を避けて引越しをするという需要が多いからです。そのため、新築住宅を購入したことによるものや、住環境の改善のためといった理由が多くなります。新築住宅を購入した場合、購入費以外にもさまざまな費用がかかってくることからも、費用を抑えるために相場の低い時期が人気となります。相場の安い時期はもともと引越しの需要が少ない時期であることから、スケジュール調整においても比較的合わせやすいことが多いです。また、相場についてもあくまでも統計的なデータであるので、業者が指定した日にうまく合わせることができれば、大幅な割引を受けることも可能です。一方で繁忙期と言われる時期は3月、4月です。この時期は学校の卒業、入学式、入社式があり、人が大きく動く時期です。そのため引越し業者が最も忙しい時期と言えます。そのため相場は上がります。移動距離も長くなるケースが多くなります。つまり、使用するトラックの台数も足りなくなりがちで、スケジュール調整が難しくなります。この時期は複数の業者の見積もりを取り、比較することが重要であると言えます。